2018年11月17日土曜日

【簡単おつまみ】春菊と味付けメンマの和え物

11月は春菊の旬。

家庭菜園とかやってる人にはおなじみな野菜かもしれませんが、
普通なら鍋に入っているイメージしかない春菊。

私は春菊が大好物だったりします。

まさに今、唐突に春菊が食べたくてたまらなくなってしまったので
簡単に作れるおつまみレシピを紹介。




『春菊とメンマの和え物』です。

季節の物なので、ほのかな苦みが苦手でなければ春菊はぜひ生で食べましょう。


今朝作ったもの

材料も少なく短時間で簡単にできる上に
ごはんのお供にもおつまみにもできます。

【材料】
・春菊 1袋
・味付けメンマ 100g(1瓶)
・醤油、唐辛子 少々

あとは好みでいりごまとか酢とか塩を入れてもいいです。


【作り方】

1.
春菊を葉の部分と茎の部分を分けて洗います。
(茎はそのまま食べると固いので)


2.
葉は半分くらいのサイズに切り、茎は3分の1程度の長さに切ります。
茎は軽く茹でます。
鍋に水を入れて塩を入れ、水のまま茎を入れて火にかけて沸騰するくらいの時間でOK。


3.
春菊とメンマを和えます。
春菊1袋に対してメンマは1瓶全て(100g)入れるくらいでいいです。

最初の内は葉が固く混ぜづらいので、大き目のボウルを使いましょう。



4.
ざっと混ぜ合わせたら醤油や酢を軽く振ってさらに混ぜ合わせて完成です。

今回はクレイジーソルトとハバネロソースで辛みを出して
白だしを加えて味を整えました。

もともとメンマに味がついていますし、
調味料についてはある程度ざっくりやっても大丈夫なので
いろいろ試すことをおすすめします。



すぐに食べると春菊のシャッキリ感が楽しめます。
1時間ほど冷蔵庫で寝かせると葉が柔らかくなり味も染みるためさらにおいしくなります。


春菊が好きな人はぜひお試しください。

0 件のコメント:

コメントを投稿