2013年2月7日木曜日

酔っ払いをなんとかする方法は?

A. 警察を呼ぶ。


以上。



仕事が終わって日が変わりそうな時間帯にようやく家にたどり着いたと思ったら
アパートの正面玄関の前に酔っ払いが寝てた。


放っておいてもよかったのだけど
嫁がまだ帰ってなくて怖がらせてもイヤだし
このまま寝られて凍死体になられても困るので
とりあえず起こすことを試みた。


肩を叩く。

「大丈夫ですか!?」

酔っ払いの目が開く。

「こんなところで寝てたら死にますよ!」

酔っ払いの上半身を起こす。

大丈夫だとか帰れますだとかうわごとを言う。

バタリと倒れる。


という行動を3回くらい繰り返して
リアルで「無限ループってこわくね?」を体験。


諦めて大家さんを呼び、さらに110番通報。

今年初の110番通報。

ふと考えてみたらここ5年くらい毎年必ず110番通報している気がする。


とりあえず通報者ということで
警察官が来るまで現場で待ってないといけなくて、
家に着いたのに家に入れない事態に。

すぐ来てくれたが、
よくある通報者の身元確認のためいろいろ聞かれたり。


10分ほど経ってようやく解放されたわけだが、
警察官と酔っ払いの会話をちょっと聞いていたら
一時間くらい前からその場で寝てたらしい。

深夜とはいえ隣にコンビニがあるしそれなりに人通りがある場所なのに
誰も何とかしようとしなかったのかよ。

都会の無関心ってこえーな。

関心がない、というよりも関わり合いたくない、というのが正しいのだろう。


もし酔っ払いではなく病気で倒れた人とかだったらと思うとね。

オレは日頃から
「どっかにもうすぐ死にそうで遺産相続人がいない金持ちの老人が
 横断歩道を渡れなくて困っていたりはしないかなー」
と公言しているくらい人助けスピリッツに溢れているので
いろいろと大丈夫だと思うのだけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿